色黒だと思っていたのですが、実は毛のせいだったのです!

思春期のムダ毛処理の思い出

私は小さい頃から毛が濃い方でした。本格的に自分のムダ毛を気にし始めたのは中学の頃で、それまではムダ毛というより産毛という感じでした。ところが思春期になってだんだんと産毛が濃くなり、ムダ毛に変わってきたのです。

おまけにムダ毛が濃くなってくると、どうも私は周囲の同級生よりも毛深いということに気づきました。ですので当時から毛深いムダ毛がコンプレックスで、できるだけ肌を出さないようにしていたものです。

とはいえ中学、高校と制服だったので夏は隠すわけにもいきません。そして半袖になると困るのは、腕が誰かと触れるとチクッとするということでした。私は当時、カミソリでムダ毛を処理していたので、剃った直後は短くなったムダ毛で肌の表面がチクチクしていたのです。

それなら剃らずに脱毛テープなどで抜いてしまえばいいようなものですが、何しろ中学高校とお小遣い制だったので、脱毛テープを購入するのもままならなかったのです。なので繰り返し使えるカミソリで処理をするしかなく、当時は本当に苦労しました。

そんなところにまでムダ毛は生えているの?!

私はこれまで手や足、ワキ、顔、そしてVゾーンくらいしかムダ毛の処理はしてこなかったのですが、他にもムダ毛の生える場所ってたくさんあるのですね。インターネットでムダ毛や脱毛といったキーワードで検索すると、うなじや背中、さらには手や足の指の毛まであらゆるムダ毛の処理法や情報が出てきます。

そして私自身がそんな情報を見て、そういえばこれまでうなじや背中のムダ毛など気にしたことはなかったなと気がついたのでした。でも一度気にし始めると自分のうなじや背中はどうなっているんだろう、もしかするとこれまでムダ毛処理をしてこなかったからものすごく生えているんじゃないかと思えてきました。

そこでうなじや背中を鏡で見てみると、幸い産毛程度でそこまで気にするほどのことでもありませんでした。でもそんな産毛であっても女子力の高い女性ならしっかり処理をしているのだろうと思うと、私ももっと気にしたほうがいいのかななんて反省をした次第でした。

皆さんは、ムダ毛はどのような処理をされていますか?自分で処理するのが一番安く、時間もかかりませんが、2・3日に一度となると、やはり億劫になってしまいます。

そこで私は、冬の間から脱毛サロンに通うことにしました。だいたいどこのサロンも、夏に脱毛が完了するようにと、冬から広告を出したり、割引をしているところが多いようです。タイミングが良かったのか、色々なサロンのホームページで宣伝していたので、口コミを調べて自分の希望しているペースやスタイルの所を探すことができました。

今は全身脱毛でのセット割引きや、定額で通い放題などが人気のようです。私は、普段見えるところの毛が気になっていただけで、全身するほどではないし、途中で辞めたくなった時に、先払いだと手続きが面倒かと思い、部分脱毛で、料金が都度払い出来るところを選びました。

結果、駅近くの商業施設内にあるサロンを選び、大正解でした。駅から直結なので仕事帰りにも通えて、都度払いと部分脱毛のおかげで、きになる所のみ選び、その分価格もリーズナブルです。また、全身脱毛だとかなり時間がかかりますが、部分脱毛だと比較的はやく終わりますので、時間が気になる方にもおすすめです。

脱毛は医療機関??

小さい頃から足や腕の毛が濃い方で、長年カミソリ剃っていました。20歳くらいになると、だんだん毛が太くなってる気がして…市販の脱毛機を買ってみましたが、痛いし、使用するときの音はうるさいし、結局使わずじまいでした。

その後、薬品を使った脱毛をしたりもしました。もともと肌が弱い方なので、薬品を使った脱毛は肌にしみて、こちらも長続きせず。毛抜きで抜いたりした後がブツブツになって、本当にコンプレックスでした。

プロの脱毛には医療機関と、脱毛エステと方法があるのはご存知ですか。

医療機関での脱毛は脱毛サロン同様に長期で時間をかけて脱毛していきます。脱毛サロンは今は競争率がとても激しくとてもリーズナブルなサロンが多くなってきています。サロンの脱毛は痛みを抑えた物が多い反面、医療機関での脱毛はクリニックによって金額設定は様々のようです。また痛みが強いそうです。

パワーが強い分、痛みが伴ってしまうのですね。そしてなにかトラブルがあった場合はその場で診察をしてもらえるので、肌が弱い、敏感肌で荒れやすいなどそういった面ではクリニックの方が安心なのかとは思います。痛みに弱い方、なるべくお金をかけずに脱毛したい方は脱毛サロンがオススメです。

脱毛の痛みについて

脱毛をする前まで私は毛は毛抜きで抜いていました。初めて毛抜きで毛を抜いた時もそうでしたが痛みは、さほどありませんでした。普通は最初ものすごく痛いと言う方がほとんどでしたので、とても不思議でした。

ただ、特に日常生活で困った症状ではなく、むしろ痛みがなく毛が抜けるので便利な体質だと思い気にもとめていませんでした。ただ毛を抜きすぎると肌がボツボツしてきて、お世辞でも綺麗な肌とは言えませんでした。

そこで脱毛に挑戦してみました。最初はお金がものすごくかかる事や施術をする際は飛び上がる程、痛い。と言ったイメージでした。しかし、いざ行ってみると金銭面に関しては、私が行いたい部分や回数やコースなどを決めさせてくれました。無理な勧誘など一切なく金額も納得のいくものとなりました。

安心して通い続けられます。また痛みに関しても不思議と毛抜きの時と同じで全く痛くありませんでした。脱毛サロンに通ってから1年程ですが今では毛抜きのせいでボツボツだった肌も、わりとツルツルになってきているので満足しております。

毛抜きで脱毛する方法

夏になると肌を露出する機会も多くなるので、ムダ毛の処理がかかせなくなるでしょう。自宅で手軽に行える方法には、毛抜きがあるのです。脱毛サロンなどに通うと費用が高額になる場合もありますが、毛抜きでしたら100円から購入することもできるので低価格で行うことができるのです。

カミソリで剃った時と比べると、毛抜きの場合は抜いた後の状態が長期間持続させることができるのです。しかし埋没毛や炎症などが起きやすく、肌に負担をかけてしまう場合もあります。

埋没毛とは無理やり毛を抜く事によって毛穴や皮膚が傷つき、皮膚が再生するまでに薄い膜がかかります。その膜によって次に生えてくる毛が埋もれてしまった状態で、表面が黒くブツブツになる事です。
最悪の場合、その埋没毛から最近に感染してしまった場合毛のう炎という病気になったりもするのです。
また肌が傷ついた状態で紫外線を浴びてしまうと色素沈着を起こしてしまいます。

このようにセルフで毛抜きを使った抜毛方法は危険がいっぱいあるのです。セルフで行う場合はトラブルを可能性を理解し、しっかりしたケアが必要なのです。

フラッシュ脱毛とメラニン色素の関係

現在、脱毛サロンで行う脱毛法の主流は特殊な光を用いて行うフラッシュ脱毛と呼ばれるものです。この光はメラニン色素に反応するという特色を有していますが、ムダ毛にはこの色素が含まれているために肌に当たった光がムダ毛以外のものに影響を及ぼすことはありません。

もちろん日焼けした肌やホクロにはメラニン色素が含まれているためにこの光が反応してしまいます。そのため日焼け後の施術は受け入れられず、ホクロに関してはシールなどで隠してから施術が行われます。

しかし通常の肌にはこの光が反応するほどのメラニン色素が含まれていないために、非常に安全です。それでもこの特殊な光は最終的に毛根に熱を加えて脱毛を完了させます。そのためこの熱が肌に伝わり、乾燥が生じることがあります。

このようなことを避けるためにも施術後は肌を冷やしたり、保湿を心がけるようにしなければなりません。こうしたことに注意していれば非常に安全な脱毛法であるために、お勧めできるものです。

脱毛は自己処理ではなく脱毛サロンがおすすめ!

私は学生の頃からムダ毛が多くて悩んでいました。脱毛サロンは痛くて金額も高いイメージがあり学生の私には利用することが出来ずに、自宅で剃刀で剃って自己処理していました。

最初はそれで良かったのですが、段々毛が太く濃くなってきたので自己処理のペースも増えてきてしまいました。頻繁に剃刀で剃るので肌が刺激され荒れて赤いポツポツが出来たり、毛が皮膚に埋もれてきてしまいました。

このままでは良くないと思い意を決して脱毛サロンに行きました。実際に行ってみると、事前に個別カウンセリングがありしっかり脱毛のしくみや金額についての説明があったので安心しました。思っていたより金額も高くなくほっとしたのを覚えています。

私が受けたのはフラッシュ脱毛と言って、ジェルを塗ってから光をあてて行う脱毛で痛みはほとんどなく時間もそれほどかかりませんでした。12回通いほとんどムダ毛がなくなりました。7年たった今でもほとんど生えてくることもなく自己処理しなくてよくなりとても楽になりました。荒れていた肌も回復しすべすべになりました。

ムダ毛の処理は自分でするより脱毛サロンに任せるのがおすすめです。

VOI 脱毛

少し前の日本でアンダーヘアははあまりいじらずナチュラルなままの方が多いようですが、海外ではアンダーヘアのお手入れは常識なのです。しかし、ここ最近は日本でもVIOの脱毛も主流になってきているようですね。

水着を着用した時に気にしなくて済むや腕や足と比べてとてもデリケートな部分です。とても肌も薄いですし、色素沈着や肌トラブルは避けたいですよね。
そういう事もあってプロにお任せするのが良いのです。自分だとなかなか処理できない部分でもあります。

VIOの脱毛をするきっかけになった事は女性の友人複数人温泉旅行に行った時です。その時に私だけアンダーヘアがもっさりしていたことがすごく恥ずかしかったのです。また元々毛の量や濃さもあったので水着を着るときははみ出してたら恥ずかしいと満喫できない所も合ったのです。

一番衝撃だったのは看護師の友人の一言。「おしり、女性でも毛深い人いるからね~」座薬の挿入や検査介助の際に感じたことがあるようで。人に常に見せる部分ではないけれど、「いざ」というときに困る部位なんです。
これが私のVIOのお手入れをきちんとしようと思った切っ掛けです。

VIOの処理をしてから思ったのですが、女性ならではの生理の時は蒸れずらく、かぶれやニオイも発生しくいのです。敏感な部分だからこそ衛生的に保ちたいですよね。またセルフで処理したときのチクチク感やかゆみ、処理数日後のブツブツ感も脱毛することでなくなるので快適に過ごせます。

またあれだけ避けていた水着ですが、プロに処理をしてもらっているので安心です。はみ出すかも、と心配することもなくプールや海で思いっきりはしゃげます。

ステキ女子とは

私自身女性なのですが、ムダ毛処理にはとても気を使っています。自分が気を使っているからなのか、他の女性たちのムダ毛にもよく気が付いてしまうことも多いです。

会社員時代に満員電車に乗った時、薄着の季節だと腕の毛や、うなじ、襟ぐりの大きな服を着ている人の背中の毛など目についてしまうのです。私が気が付くのだから、男性でも気になる人は多いでしょう。

せっかくきれいにメイクをして、可愛い服を着ているのに、背中の産毛がボーボーだとなんだかがっかりしてしまいます。ステキ女子たるもの、背中にまで気を使いたいものです。サロンで脱毛したほうが良いとは言いませんが、手の届く範囲で剃刀を使って剃ったり、除毛クリームなどを使って処理をすればだいぶ見栄えが違うと思います。

結局は自己満足なのですが。それでも、「もしかしたら見えているかも?」と気にしながら過ごすよりも、きれいにしてあるからばっちり!と自信を持って夏を迎えられたら楽しいのではないでしょうか。